Slapper2

受注生産
¥54,600
(税込み)

LEDなしもオプション可能
¥52,500(税込み)
SLAPPER1にAccelerater(JFDT-A)を独立して装備されたのがSLAPPER2です。
Acceleraterは入力インピーダンス3.2MΩを誇るディスクリート・バッファアンプです。SLAPPER1もバッファアンプとして高性能を発揮しますが、スルー時にはダイレクト(パッシブ)になりますので、パッシブ楽器使用の場合大体ベースアンプのヘッドアンプで音が劣化します。ジラウドのディスクリート回路と比べると世のベースアンプのヘッドアンプはひどいものです。そのためJFDT-CをオフにしてもAcceleraterをオンにしておけばディスクリート・バッファを通ることが出来ます。つまり常に音抜けの良い状態を作れると言うことです。
Acceleraterの実力は素晴らしいものです。Acceleraterを通っただけで楽器本来の良さを充分に発揮させてくれるのです。正しくローインピーダンスに変換されているアクティブ・ベース(ジラウド・ベース等)には必要ありませんが、一般的なアクティブ・ベースでしたらAcceleraterを通った方が出音が良くなると思います。
パッシブ楽器をお使いの方は一台持っておくべきだと思います。
音がハッキリ出ると困る人には無用ですが・・・・